月別アーカイブ: 2020年2月

副業が認められる条件は

かつてに比べて、副業を容認する企業が増えてきているといわれています。こうした副業を容認する企業が増えてきた背景には、副業を通じて、サラリーマンの技能や知識が向上するというメリットがあげられています。副業を通じて得た技能や知識、経験などが本業にも役立つという側面が企業側にも認められるているのです。ただし、全ての企業が副業を容認しているわけではありません。残念ながら、副業を容認しいる企業は、いまだに一部にとどまっています。なぜならば、通常、会社側とサラリーマンの間では、会社が給料を支払うかわりに、サラリーマンは誠実に労務を提供するという契約を結んでいます。こうした労務提供の義務が、副業をすることで、果たせなくなる可能性が考えられるためです。副業をすることで、本業がおろそかになる事態になってしまっては、誠実に労務を提供する、サラリーマンの義務を果たすことができません。また、副業を容認することで、本業に不利益な事態が生じることも考えられます。例えば、本業にとってライバルとなる企業で副業をしたり、外部に情報が漏洩するという危険も考えられるためです。そうした背景があるため、副業を容認することに慎重な企業が多いとも言われています。こうした事情を踏まえると、副業が容認されると考えられるのは、本業に支障が出ない範囲で、また、本業のライバル企業の仕事を請負う、外部に情報が漏洩するといった、本業に不利益が事態を及ばさないといったことが条件となりそうです。簡単にできる副業であっても、例えば、副業として深夜のコンビニエンスストアでアルバイトをするということも、心身の健康に影響を与え、本業の業務遂行に支障を与え兼ねないため、副業として認められる余地は少ないともいえそうです。こうした事情を踏まえると、副業として、認められるそうなのは、本業に支障を与えることなく、かつ、その人の専門的な技能や知識が生かせる仕事といえそうです。現在では、社会的に人手不足が課題となっており、副業の推進がすこしずつ、社会的に広がりつつあります。また、働き方改革によって、自由に思考を生じるというよりは機運も高まったんだきています。さらには、インターネットを使って、様々な副業を探すこともできるようになっています。こうしたことから、副業を希望する方は、本業に支障が出ない範囲で、また、心身に無理のない範囲で、副業を探すべきではないでしょうか。